スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手芸プロジェクト!その1

2010.10.16.12:10

手芸プロジェクト!#8

始めています。
ちょっと長期的なプロジェクト。

きっかけは、子どもたちの卒業後の就労先が皆無、という事実でした。
力があるのに働けない、本人の努力ではどうにもならないこと。

しばらく学校でみんなの様子を見ていて思ったのは、
「勉強する、学ぶ目的がない」
「何を目指して勉強しているかわからない」
ということでした。

はじめは、「どうして簡単に授業をやめてしまうんだろう」
「どうして大人の都合を一方的に優先させて当たり前でいられるんだろう」
「どうして分からない内容を確認しないまま進めるのだろう」
と思っていました。
フィリピンだからそうなのか、ここの教育の仕組みがそうなのか。
子どもたちも、その現状を何の疑問もなく受け入れています。
勉強が嫌いなわけじゃない。
授業中はちゃんと勉強するし、わかったら喜ぶ。

観察と話をしていく中で気付いたのはモチベーションの低さでした。
学んでも、それを生かす場所がなく、具体的な将来像を描けない。
でも望みがないわけじゃない。
自分でお金を稼ぎたいと思ってる子もたくさんいる。
でも現実は厳しくて、教員も子どもも何のために勉強しているのか分からない。

手芸プロジェクト!#1

進路指導の一つの方法として「PATH(Planning Alternative Tomorrow with Hope)」というものがあります。
それはまず未来のハッピーな自分をイメージするという方法。

PATH.png


例えば、車いすに乗ったAさん。
「結婚して新婚旅行でハワイに行きたい」
という夢があったら、それを大きな紙に書き出してみます。
そして次に、その一段階手前のゴール、つまり「それを実現するために必要なもの」「将来の自分像」を、やりとりを通して紙に書き出していきます。

でも、いわば、フィリピンの障害のある子どもたちは
「夢を語る」ことさえもなかなかできないということ。
子どもたちは先輩たちの現実を見ています。
それを悲観するでもなくただ当たり前のこととして受け入れている。

確かにフィリピンでは特に仕事をしなくたって家族が助け合ってさえいれば生きていける。
例えばうちの家族でまともに働いているのは長女のローデスだけ。
お母さんも長男のマノイも無職。次男のジュンジュンもたまに仕事に行くくらい。

でもそれは、結果として選んでいるからで、選べないこととはまるでちがう。

「がんばって働いたらお金がもらえる」
そんなことを体験していく中で、勉強やいろんな活動に対するモチベーションが少しずつ上向きになっていけば。
そう思っています。

仕事をするということは何もしないではいられません。
お金の計算もしなきゃいけないし、モノを大事に扱わなきゃいけない。
お客さんのことも考えなきゃいけないし、それを継続していくためには材料・物資の管理も必要です。

「必要」から学ぶ学びは一番近道だと思うのです。


いろいろ市内のお店をリサーチして、これなら材料が手に入るし続けられそう!と考えたのが手芸です。
いずれろうの子どもたちだけで運営していけますように、そういう願いを込めてできるだけ工夫できる余地のある商品を考えてサンプルを作ったのでした。

手芸プロジェクト!#7

このサンプルは私自身がつくったもの。
どれも作るのは簡単!
個性が出せる余地を余しているものがよいのではと極力シンプルな作品例にしてあります。
全体的にフェミニンで男の子に受けるかなぁ、と心配していたのですが、みんな意外なほど食いついてくれ、今では朝っぱらから男子手芸部が開かれています。

手芸プロジェクト!#13

先生たちは「この男の子たちが細かい仕事なんてできるわけないじゃない!」と半信半疑でしたが、
「まあまあそう言わずやらせてみてよ~」となだめてできてきたものが思いのほかよかったため、
最近は「できない」発言は聞かなくなってきました(^^)
わたしが「できるできる~」と言いすぎる節もありますが。

手芸プロジェクト!#15

学校ではもちろん、DSWDでも同じプロジェクトを進行中です。
少し年上の彼ら、きれいな仕事をしてくれます。
華美過ぎないセンスもいい!
手芸プロジェクト!@DSWD#7

手芸プロジェクト!@DSWD#6

手芸プロジェクト!@DSWD#8

完成品と一緒に写真を撮って、最後にタグにプリントする予定。
EPPでパソコン学習も行っているので、子どもと担当の先生にタグづくりをお願いしたいと思っています。

手芸プロジェクト!#4

小さい子は柔らかいシフォンを縫って小さな石鹸袋を作っています。
就学前クラスではお母さんと一緒にちくちく縫いました。
決して上手ではないけれど、足がかりとして作業してもらいました。

このお母さんたち、いつも子どもと一緒に学校にやってきて、
授業が終わるまで外で座って待っているのですが、もったいないなぁと思っていたのです。
そしたら同僚も同感だったらしく、お母さん達にも作ってもらおう!ということに。
そして、お母さんたちに選んでもらったのがシュシュづくり。

手芸プロジェクト!おかあさん

さすがのスピードでがんがん仕上げていく手際には感動すら覚えます。
預けるところは預ける、どーんと信頼して材料だけはしっかり手配します。

いつかこれも子どもたち、保護者たちだけでできるといいなぁと思いながら。

手芸プロジェクト!#6


手芸プロジェクト!@DSWD#10

スポンサーサイト

☆8月の活動☆

2010.09.05.08:28

 
算数・英語の基礎の復習
全く分からないまま授業を進めることもしばしばで、生活に必要なことさえ身についていないこともたくさんあります。加減乗除の計算など、必要だと思われる基礎的な内容だけ抽出して行っています。フラッシュカードや25ます計算(百ます計算はまだ先…)でウォーミングアップにしてから、その日の単元に入ります。やりながら、「みんなここが分かってなかったのかー」と発見することも多くてこっちが勉強になります(^^)

発音練習
低学年の先生からのリクエストです。英語や現地語であるイロンゴ語の発音は日本語とまるで違って母音だけでも何種類もあり、とても難しい。なので、「発音」はひとまず置いておいて、まずは「発声する」ということから。友達や家族、先生との会話も手話が基本なので、「声を出す」こともあまりしていません。まずはストレッチからです!
日本のひらがなは表音文字なのでシンプルです。基本的に「あ」は「ア」と言えばいい。けれど「A」にはほんとにたくさんの発音の仕方がある!聞こえる日本人にとってさえ外国語の発音は難しいのだから、聞こえにくいろうの子どもたちには高いハードルです。個人的には、発声よりもその豊かな手話言語を書記言語につなげる方がいいのではと感じていますが…
写真をふんだんに使った発音指導のガイドやキットを作るのも何かの助けになるかもしれません。

聴力検査・聴能オージオメーター(聴力の計測器)はありません。街で一番大きい病院にさえないので、子どもたちの正確な聴力はいまだ分からず。日々の観察とほかの先生たちが行った“楽器や呼びかけでのアセスメント”が頼りです。今後そのやり方を見せてもらったり、日本のやり方を紹介したりする予定です。
補聴器はとてもとても高いので誰も買えないし、人工内耳は尚更です。フィリピンに来てから今のところ人工内耳を装着している人に出会ったことがありません。繰り返しになりますが、みんな手話で会話していて発声はほとんどしないのが日常です。

学校に行っていない、もしくは卒業した障害児の出張教室
学校ではなくDSWDという機関に出向いてお手伝いをしています。工作をしたり、日本文化を紹介したりしています。

体育
体育館はありません。外のスペースも校庭らしい校庭ではなく、草ぼうぼうの空き地といった感じ。座ったストレッチなどはできないし、器具も何一つないので、体だけで楽しめるゲームや運動をやっています。
5~18歳の子どもたち20人くらいをまとめるのは至難の業。且つ常に炎天下での運動です。大変ですが、動きたい盛りの子どもたちなので、ルールを合点してみんなで取り組むと、とっても盛り上がります。フィリピン人はダンスがめちゃくちゃ上手!ろうの子どもたちもセクシーでクールなダンスを常に披露してくれます。
ちなみに雨が降っていたり、雨上がりで地面がぐちゃぐちゃだったりすると、この空き地さえも使えないので、廊下で体育。狭すぎて笑えます。ちなみに会議室、理科室、家庭科室、美術室、保健室…ありません!教室がクラスにひとつあたっていたらいい方です。HIクラスには教室がなく、事務所の一角を間借りしている状態でした。今度ようやく教室がもらえます!

ライブリフッドプログラム(図画工作・家庭科・総合的な学習のような授業)
つまり、何をしてもいい時間なので、すきなことをさせてもらっています。今のところ手作業をさせることが多いですが、今後、環境教育や畑作業などもしていく予定でいます。

地域の小学校でのワークショップ
「何か新しいネタが欲しい」と近所の小学校の先生に頼まれて、出張ワークショップです。何を知りたいかと聞いても「なんでもいい」とのこと。継続的に関われたら面白くなるかもしれません。

バライザユナン(ろうの子どもたちのための無償の生活施設)の畑作業
教会が資金を出しているNGO団体が運営している施設で、学校に通っている間だけ無償で暮らすことができます。食費も要りません。決して衛生的とはいえない環境ですが、現在男女6人くらいの子どもたちがここから通っています。ここに広い畑があって、これをどうにかしていくのが楽しみです。

ガールスカウトでのワークショップ
何か工作を教えてほしいという校長先生からのリクエストですが参加するの子どもたちは300人以上とのこと。どうしましょう。なんとかします。古紙を使ったクリスマスオーナメントを作る予定でいます。

IEP(個別の教育支援計画)へのアドバイス
ちゃんとあるんです、IEP。前任者がシートを作ったのですが、ちゃんと使っている先生たちはよりよい改良を望んでいるので、その声を聞きつつ、日本のやり方を紹介していきます。その翻訳作業はちょっとたいへんですががんばります!
 
プロフィール

coloboocle

Author:coloboocle
福井生まれ、福井育ち、京都にしばらくいて、また福井。
縁あってただいまフィリピンに滞在中。

ろう教育を中心に特別支援教育にかかわっています。

登山とキャンプとおいしいものをあいしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。