スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンの補聴器

2010.10.16.08:57

フィリピンで初めて見た補聴器、かつ、うちの学校で唯一使われている補聴器です。
フィリピンの補聴器#1
これをつけているのは1年生の女の子。
普段は全くと言っていいほど装用しませんが、時折何かの気まぐれで学校に着けてきます。
見た目は重そうですが持ち上げてみると意外と軽い。
装用するときは裏面にある大きいクリップを襟元に引っかけています。
どんな仕組みなのだろうと中をのぞいてみると…
フィリピンの補聴器#3
これだけ。

要するに、ただのスピーカーなんです。
フィッティング云々のレベルではありませんでした。
単3の電池が一つ。そのほかには何の回路もありません。
少しいじれるかな~と期待していた私にとってはびっくりでした。

これが、本人いわく800ペソ。日本円にして1600円。感覚にすると8000円。
微妙なお値段ですが、フィリピン人にとっては決して安いものではありません。

実際音を聞いてみると、マイク部分の性能が悪いのか雑音ばかりで、ない方が聞こえやすいのでは、と感じました。
本人がボリューム調節をしているのですが、控えめに設定されています。
きっと大きくするとうるさいのだろうと思います。

彼女のお母さんは毎朝学校に来て、授業が終わるお昼まで他のHIクラスを見たり、教室のそばで待っていたりします。
これから少しずつ、お母さんにこの補聴器をどこでどうやって手に入れたのか、補聴器や聞こえのことをどうとらえているのか、インタビューしてみたいと思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

coloboocle

Author:coloboocle
福井生まれ、福井育ち、京都にしばらくいて、また福井。
縁あってただいまフィリピンに滞在中。

ろう教育を中心に特別支援教育にかかわっています。

登山とキャンプとおいしいものをあいしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。