スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害者登録システム

2010.11.20.20:45

1997年に障害者登録調査が開始されたが、DOH(保健省)の資金不足のため中断していたが、
最近再開し、インターネット上でその登録作業ができることとなった。
しかしそのアクセス状態が悪いとのことで、職員からは不満の声が上がっている。

NCWDP(社会福祉国家委員会)と地方政府、DSWDが障害者の登録システムを管理しており、
例えば公共交通の10%割引などを受けられる。

しかし、すべての障害者を網羅することはできていない。
登録に関する広報が不十分で障害者やその家族が登録方法やそのメリットを知らないこと、
登録を行うための公共福祉事務所へのアクセスが悪いことなどが挙げられる。
またそれを手助けするような部署や組織も整っていない。
(DOHとDSWDの狭間でややこしいことになっているようである)

障害の認定には診断書が要る。
ほとんどの市民にとって、診療費は高い。
もちろん障害の診断も同じである。
きちんとした診断も受けられないまま、自治体の証明書ももらえていないのではないだろうか。

実際、ロハスのSPEDの生徒たちはほとんど持っていない。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

coloboocle

Author:coloboocle
福井生まれ、福井育ち、京都にしばらくいて、また福井。
縁あってただいまフィリピンに滞在中。

ろう教育を中心に特別支援教育にかかわっています。

登山とキャンプとおいしいものをあいしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。